美唄エリア

美唄市の畑に上に現れたのはコープのテントとフレンチのシェフ。その畑でおこなわれるイベントに潜入調査!



見渡す限り畑、畑、畑。この広大な畑の上に、昨日までなかったあるものが突如現れたんです。畑の上に昨日までなかったものが突如現れる!と言えば、ミステリーサークルと相場は決まっていると思っていたのですが、今回訪れた美唄市の畑にはミステリー感はなし。じゃあ、何が畑の上に?FUKABORImagで調査!調査!調査!




まず畑の上に見慣れない車を発見。コープの移動レストラン「キッチントドック」ですって。いつも家の前をよく通るトドックの配達用トラックとは少し作りが違う様子。側面には窓があり、イラストのトドックもコック帽をかぶり右手にフライパン、左手にフライ返し。そして後方の扉から中を覗くと、なんとも立派なキッチンが!パッと見ただけでも我が家のキッチンよりも機材が揃ってるこの車、これだけ揃ってたらレストランでも開店出来るんじゃないの?ってほどの充実っぷり。




とは言え、畑の上にトラックがあってもおかしくはないか。突如現れた感もないし。トラックより違和感があるのがコレ。大きいテントとその下に並べられたテーブル&イス!さっきまで普通の畑だった場所に突如登場したのはこのセット。なぜこんなところにこんなものが!?ピシッと紫色のテーブルクロスを貼ってるし、整然と並べられてるし。畑仕事の休憩をするにはちょっとお上品。座ってみるとお尻のハマりといい肘置きの高さといい、座り心地バツグンのイス。ここでレストランでもやれるんじゃなの?と思っていたら、やるんですって。レストラン!その名も「畑でレストラン」。ネーミングそのまま!




『コープさっぽろ農業賞』を受賞した生産者の畑にキッチンカーが出向き、こんなところにレストランが?っていうロケーションで、道内の人気シェフがこの日限りのスペシャルレストランを開店。この日の場所は、『アスパラひつじ』を生産している美唄市の西川農場の牧草畑。シェフはミシュラン一つ星を獲得した、meli melo(メリメロ)の佐藤大典シェフ。ロケーションだけではなく、食材もシェフもスペシャルな「畑でレストラン」。どう考えても最高やん!と思っていたら、この日のチケットも完売なんですって。みなさん、よく知ってらっしゃること!




この畑でレストラン、畑で美味しいごはんを食べるだけではないんです。西川さんの羊いい話を聞きながら農場見学。このアスパラひつじ、地域のアスパラ出荷場で捨てられていたアスパラの根っこの部分を安く譲ってもらい、ひつじ達にあげてたらいつの間にか羊たちがアスパラ好きに。アスパラを食べるとアミノ酸が増えた肉質になり旨味が増すんですって!もちろん科学的に分析された根拠ありの話!




農場内を歩いて回るといい感じに自分のお腹からも鳴き声が。「メシィ~!」。計算されているのかたまたまなのか、畑に戻るとレストランの準備もいい感じに!佐藤シェフ登場のお肉を焼く姿もかっこいいー!




畑でレストランの配膳スタッフはいつもは広報室だったっり、店舗で野菜を品出ししてたり、今年入ったばっかりのコープ一年生だったり、コープさっぽろの精鋭達が集められました。 風が吹いても仁王立ちでテントを支える広報室長!さすが精鋭!そして、すべての準備が完了して畑でレストランのスタート




この日のメニューはこちら。まさか畑の上で食べらるとは思えない内容。
西川さんから食材の説明と、佐藤シェフから料理の説明もしっかり!飲み物もワインあり、ビールあり、コープのお茶あり!充実の内容。

ほら!うまそうでしょ!
むちゃくちゃうまそうでしょ!
アスパラひつじうまそうでしょ!
そしてこんなおしゃれなデザートまで!

もうお店で食べるのと何にも変わんない!ここが畑の上だということを忘れてしまいそうになりますが、遠くを走るトラクター的な車を見ると我に帰るというか畑に帰るというか。時計を見るとこんなに時間が経ってたのーってほど、のんびりとした贅沢な時間の使い方!




最後に撮影用にとっておいた料理の前で、アスパラひつじの生産者西川さん、素敵な料理を作った佐藤シェフ、何もしてない俺で畑でスリーショット!これまた贅沢!



何もしてないと思われないように。今日のために設置した洗い場で、コープさっぽろお皿洗いトリオとしてしっかりお皿洗いをして帰りました。このどこにもない素敵な企画、畑でレストラン。毎回、レストランの場所とシェフが変わり、北海道中で開催されます。詳しくは下記のボタンからチェック!お申し込みはお早めにー!


この記事を読まれた方はこれも好きかも!?

Page top